脱毛 黒ずみ

こんにちは、ともみです。

 

なぜ、ケノンで脱毛すると肌がツルツルになるの?

 

どうして〜

 

それでは下記で説明していきますね。

 

ケノンを当てる前に埋没毛を改善しましょう

埋没毛を改善するには、しばらくカミソリ処理を止めておきます。

 

カミソリ処理を止めることで、毛が伸びきり炎症も良くなりブツブツ肌も改善されていきます。私は凄く簡単に改善できましたが、仕事柄ムダ毛を生やすことができない方には向きません。

 

さて、それでは改善方法を説明しますね。

 

ムダ毛が3p〜5pぐらいまで成長してから処理していきます。

 

肌の状態を確認し、剃る箇所を温めましょう。(タオルで温湿布)
(カミソリは事前に新品を準備しておきます。)

 

シェービングクリームでも良いのですが、敏感肌の方は洗顔石鹸を剃る箇所に塗って下さい。最初は毛並みに逆らわずに剃ります。ある程度短くなっているムダ毛を再び温めて下さい。(今度は本格的に剃ります)

 

カミソリを静かに当てて、ムダ毛の逆目で剃ります。
(できることなら、5枚刃のカミソリは剃り残しがありません)

 

でも、強く当て過ぎないようにしましょう。

 

キレイに剃れても黒く点々と見えるのは、毛根です。ムダ毛の巣みたいなものです。この毛根が根元から抜けると黒い点々は無くなります。

 

毛根を無くす自己処理には、家庭用脱毛器しかありません。当てたその日に毛根ごと抜けることはありませんが、早い人で3〜4日後に抜けていきます。ただ、個人差はあるようですし、毛根が根強いと抜け落ちない方もいるようです。

 

自分の毛根が他の人と比べて太いかの判断は難しいですが・・

 

毛根の破壊は毛周期とは関係ありませんが生えている毛を狙い撃ちする感じです。休止期のムダ毛は毛根すら存在していませんから、生えてくる成長期に当てるようにしましょう。身体に生えている体毛は3ケ月〜2年ぐらいのスパンで毛周期を繰り返しています。今、生えている毛は全体の1/3程度ですから、キレイなツルツル肌になれるまで頑張っていきましょう。

毛根を上手に脱毛できる脱毛器

埋没毛になっている毛根に照射するのだから、ケノンよりはトリアが良さそうです。

 

照射口が小さいので毛根にピンポイントで施術できそうですが、それだけのために購入するには贅沢すぎます。ケノンでも十分毛根にダメージを与える出力を持ち合わせています。

 

何度か脱毛していると、肌から生えてくるムダ毛が細くなり抜け落ちることで肌には埋没毛も消えてなくなり、肌はツルツルになっていると思いますよ。

 

ケノンを詳しく覗いてみるには公式ページが宜しいと思います。今しかないサービスがある時もあります。

 

ケノンの公式はこちらです。

埋没毛が無いけど、ツルスベ肌になりたい

埋没毛の改善には脱毛器が適しているのですが、他に方法があるとしたら、抑毛ローションをオススメ致します。脱毛器みたいに毛が抜け落ちることはありませんが、毛が薄くなり生えてくる期間が長くなってきます。

 

化粧水として使用すると、産毛がなくなり肌が明るく見えてきますし、お肌が活性しますので、ハリと潤いが戻ってくることを実感するでしょう。

 

 

ムダ毛の

そして、「ホントかなぁ〜」思った、あなたは賢い人です。

 

確かに、そのように思うことは間違っていないと思います。

 

スネ毛の処理方法で説明しますね↓

 

脚が点々と黒いのは、カミソリで剃られた毛が肌の中で透けて見えているからです。

 

肌が白いと余計に目立ってしまいますが、その黒い点々を目立たなくするには、粉おしろい(白粉)か、ベビーパウダーを塗布すると結構目立たなくなります。

 

怖いのは、毛抜きによる肌荒れ後の埋没毛です。。

 

埋没毛は、抜けた肌が鳥肌みたいにブツブツしていたり、最悪な状態は炎症をおこしてしまいます。

 

埋没毛になる原因は、毛抜きで抜き損じた毛が肌の中で育ってしまうことです。特に肌が荒れていると埋没毛になりやすいです。脚が黒ずんで見えることは埋没毛からの炎症による色素沈着が大きな原因です。

 

「ケノンで脱毛すると肌がツルツルになれる」ように説明したつもりでしたが、おおざっぱですし、文章も的を得てなくてすみません。

 

もっとケノンで脱毛経験を積むと、より良い記事が書けるようになるとおもいますので、その時に記事を更新していきますね。

 

 

 

次は毛深いムダ毛こそ永久脱毛したい!です。


ホーム RSS購読 サイトマップ